語学学習:ハロー先生は割安。でも、英語以外ができる良い先生と巡り会いにくかった

外国人と対面で話す機会 = ハロー先生

仕事や趣味のため、語学学習する人は多いと思います。勉強中の悩みの一つとして、「外国語が読める(聞き取れる)ようになったけど、話せない(書けない)」という状態に陥る事があります。例えば、TOEICスコアが700〜900ぐらいなのに、英語で話したり、メール連絡ができない状態です。

私も、現在進行形で英語とロシア語は、その状態です。そのため、解決策として「OUTPUTの機会を増やそう」と考えました。OUTPUTの機会の一つとして利用した「ハロー先生ドットコム(以下、ハロー先生)」について、本記事では紹介します。結論から言えば、私は二度とハロー先生を使用するつもりはありません。

ちなみに私は、ロシア語をメインで勉強するために、ハロー先生を利用しました。

                                       

ハロー先生とは?(良い点、悪い点の概要)

ハロー先生は、「学びたい言語」と「地域」を指定して、条件にあった先生を紹介してくるオンラインサービスです。対象言語は、英語、中国語、韓国語、ロシア語などの16言語です。地域は、47都道府県です。例えば、東京でフランス語を学びたい場合は、東京在住のフランス人もしくはフランス語を第二言語とする方が先生候補として紹介されます。

システムが独特で、ハロー先生は授業内容に責任は持っていません。公式サイトでも、オンラインプラットフォーム提供のみがサービス内容と明言しています。料金体系は、ハロー先生には先生の連絡先入手のための料金を支払い、レッスン料は先生に支払う仕組みです。
Q: このサイトと先生の紹介サービスや派遣サービスとの違いは何ですか?
A: ハロー先生ドットコムは人材派遣・人材斡旋・先生紹介サービスなどではありません。ハロー先生ドットコムでは、登録されている先生との間に雇用関係や契約などは設けておらず、オンラインプラットフォームのご提供のみがサービス内容となっております。
料金体系(と落とし穴
  • 入会費・年会費は無料
  • 1〜2人の連絡先入手:1800円(先生が英語を教えられる場合、1800円⇒2800円)
  • 3〜5人の連絡先入手:2800円
  • レッスン料金は先生次第(1時間あたり1000〜4000円)
  • 入手した連絡先が公式サイトで参照できる期間は1ヶ月間のみ

2018年にハロー先生を利用して良かった点、悪かった点を以下に示します。”“の付いた項目は、その詳細を後述します。

良い点
  • レッスンの時間・料金が交渉可能()
  • 対面・チャットのどちらでもレッスン可能
  • マンツーマンレッスンのため、他の人を気にする必要はない事
悪い点
  • 先生とコミュニケーションできない場合がある事()
  • 先生がレッスン内容を考えていない場合がある事
  • 先生によっては、レッスン料が割高(先生が高学歴など)

                                                

良い点:レッスンの時間・料金が交渉可能

レッスン時間・レッスン料金を交渉する事は、ハロー先生が公式で認めています。ただし、交渉が成立するかは先生次第ですし、交渉時は相手への敬意を忘れてはいけないと思います。例えば、毎週レッスンする曜日が決まっていたのに、「(レッスン日ではない日に)今からレッスンできますか?」と尋ねるのは、マナー上NGだと思います。先生にも予定があります。

レッスン料金の交渉は、丁寧に交渉しましょう。先生の中には、「私は修士号だ。教育が上手だ。提示額は、適正な時給」と確固たる信念で考えている人もいます(年配の男性が多い印象)。若い先生(留学生)は、割とフランクに交渉できますが、金銭が絡むため、慎重に交渉する方が無難です。そもそも、競合サービスと比較して、料金が1000〜2000円なら交渉の必要はない印象です。

一応、サンプルとして、私がレッスン料を交渉した際のメール(原文の一部)を以下に示します。私と先生の共通言語は英語だったので、交渉は英語で行いました。

Also, I have another request. I would like to have lesson for 2 hours or more. In this case, I think that the tuition fee will be slightly higher. If you would be willing to consider a reduced hourly rate? I can prepare it for 10000 yen. However, due to the transportation expenses to Tokyo, it is hard to make more than that amount.

要約(和訳):交通費考えると、高いからお安くできませんか?

I  Your understand situation , so it is possible to make discount.

要約(和訳):安くできますよ

                                        

悪い点:先生とコミュニケーションできない場合がある事

驚くべき事に、先生とコミュニケーションが取れない場合があります。このパターンは、英語以外の言語を学ぶ際に発生します。私の例だと、ある先生とは下表の状態で共通言語がありませんでした。日本語はお互いに話せましたが、意図が伝わりづらく、お互いが理解するのに時間かかりました。

日本語 英語 ロシア語
先生 △(☓に近い)

この問題は、私がロシア語を覚えれば解決します。しかし、ハロー先生が「この先生は、言語を教えるための基本的なスキルがあります」と保証して欲しいな、と感じました。生徒側は、料金を払った後でしか先生と連絡取れません。そのため、「連絡先ゲットしてメールしたけど、この先生とは共通言語無いからレッスン厳しそう」と後から気づきます。この状態では、利益があったのはハロー先生だけです。

同様に、もう一つ挙げた問題点「先生がレッスン内容を考えていない場合がある事」も、ハロー先生側のシステム不備(怠慢)と感じています。先生の立場に就くべきではない人が、少なからず居ます。一部の先生は、レッスン内容を考えていなかったり、急に連絡が取れなくなる事がありました。この段階で生徒側が損しないための作業負荷が大きい事に気づきました。最終的に、私はハロー先生の利用を止めました(同じ先生をリピートし続ければ良いのでしょうが……)

このような意見の逃げ道として、「ハロー先生は、オンラインプラットフォーム。人材派遣ではない」と明言しているのでしょう。問題の根本解決の第一歩として、生徒が先生への評判を書き込めるようにしたり、人格攻撃がないように書き込みをハロー先生がチェックすれば良いのではないかなー、とか思ったりしました。

                                  

結論

英語を学びたい人にとっては、割安(料金交渉も可能)で魅力的なサービスです。ただし、「英語以外を学ぶ場合は、レッスンが成立するか」や「先生の質」を慎重に見極める必要があります。

無料で外国語を学びたい(特にアウトプットしたい)場合、HelloTalkアプリもオススメです。興味がある方は、以下の記事を参考にして下さい。

語学学習:HelloTalk は外国人からリアクションを貰ってモチベUPできるオススメアプリ

 

               

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です