【Java 11】Shebangを用いたJavaソースファイル(単一)の実行方法 + Shebangエラー回避方法

前書き:コンパイル無しでJavaアプリが動かせる 

最近のJavaは、リリースペースが半年に一回と早まり、新機能が次々と追加されています。新機能の中で、Java 11からコンパイル無しでJavaソースファイル(単一ファイル)が実行できる機能があり、本記事ではその使い方(およびShebangエラー回避方法)を説明します。

                        

本記事で使用したJavaのバージョン

OSはDebian(Linux)とし、Java 11環境で検証しました。

                              

使用方法・実行例:JavaコードにShebangを付けるだけ

Javaソースコードをコンパイル無しで実行するには、以下のコード(helloソースファイル)のように、”#!/usr/bin/java”をShebangとして一行目に追加します。

環境によっては、”#!/usr/bin/java”にjavaが存在しない事があります。自身の環境で、javaがどのPATHに存在するかを調べるには、whichコマンドを用いてください。

私の環境とwhichコマンドの結果(以下)が異なる場合、Shebangを”#!<whichコマンドの結果>”と、書き換える必要があります。例えば、javaのPATHが”/bin/java”の場合、Shebangは”#!/bin/java”となります。

                                                   

Shebangの–source部分は、Javaバージョンを指定します。バージョンは”java –version”コマンドで確認できます。

実行例は、以下の通りです。

                       

拡張子に”.java”が付いているとエラー

上記の説明で使用したhelloソースコードをhello.javaにリネームし、実行すると以下のエラーが出ます。”–source 11″を除去しても、同様の結果になります。

本エラーに関してですが、拡張子に”.java”が付与されている場合、Shebangが機能せず、正しく動かない事が示されています(外部サイトでの説明)。

                     

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です