【Bash / Ruby / Python3】外部コマンドを実行する方法の比較

自動化Script作成時に、Bash (Shell Script)ではなく、RubyやPython3を用いた方がScriptのメンテナンス負荷が低くなります。自動化Scriptに使用するプログラミング言語変更を目的として、各言語の実装を比較します。

本記事では、外部コマンド(例:/bin以下のコマンド)を実行する方法を比較します。比較では、実装例および実行例をそれぞれ示します。

Bashではなく、RubyやPython3を使った方が好ましい理由は、以下の記事に記載しています。この記事には、各プログラミング言語の様々な実装(ディレクトリ操作やファイル操作など)を比較した他記事へのリンクを一覧にまとめています。

Bash(Shell Script)からRubyやPythonに乗り換え!頻繁に使う処理を各言語で比較

                          

各言語のVersion

  • Bash:GNU bash, バージョン 5.0.3(1)-release
  • Ruby:ruby 2.5.5p157 (2019-03-15 revision 67260)
  • Python:Python 3.7.3

                     

比較:外部コマンドを実行する方法

Bashは、Bashビルトインコマンド(例:cd)だけでなく、外部コマンドを使用して処理を実行します。同様に、RubyやPython3も、外部コマンドを使用したい場面が稀に出てきます。

例えば、外部コマンドと同等の処理を新規実装しなければ実現できない時です。このような場合は、実装せずに外部コマンドを使用した方が楽です。

以下に、各言語の実装方法と実行例を示します。

Bashの場合

Rubyの場合

Python3の場合

Bash、Ruby、Python3の実行例

あわせて読みたい

1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です