Review: Rust Programming By Example: Enter the world of Rust by building engaging, concurrent, reactive, and robust applications

Rustアプリを写経できる数少ない書籍の一つ

私は、2018年に”OSS + オライリー本(下画像のカニ本)”によるRust独学で、学習を断念しました。Rustは学習曲線が急勾配で、最初の100時間はつまづきやすいです。コンパイラが引くほどエラーを出します。残業後に勉強する私は、そのエラーと向き合う体力がありませんでした。

Rustはネット上に小規模なサンプルコードが存在します。この内容を見て、勉強できる人は居るかもしれません。私は、コードが小規模すぎて、難所である変数のライフタイムを身につけられませんでした。このような経験を踏まえて、「Rustは写経から始めよう!」と心に誓っていました。

しかし、Rustは2015年に安定版がリリースされたばかりで、書籍の絶対数が少ないです。そんな中で、私の希望を満たしてくれた書籍は、”Rust Programming By Example(洋書)”でした。本書籍は、3種類のアプリ作成を通して、Rustにおける「ファイル入出力」や「GUI(SDL2GTK+3)の使い方」などの基本を説明します。当然、ライフタイムなどのRust固有文法に関しても説明があります。

作成するアプリ(それぞれ約500Step)
  • テトリス
  • MP3プレイヤー
  • FTPアプリ

本書は、コンソールに閉じ困らず、最初からGUIアプリを作成するため、アプリを動かした時の達成感が大きいです。私はMP3プレイヤー、FTPアプリを作成した経験がなかったので、それらの仕組みを知る上でも良い書籍でした。巻末には、RustのBest Practiceも記載されています。洋書に抵抗がなくて、Rustで写経したい方にはオススメです。ただし、誤記(後述)が多いので、購入する場合はその点を把握しておいた方が良いです。

                                       

本書の欠点:ビルドが通らないか、バグがある

本書を読み進めていく内に、致命的な欠点に気づくと思います。そう、コードがビルドエラーを起こします。書籍中のコードとGitHub上のコードを見比べて、自分の力でコードを修正しなければいけません。やっとの事でビルドを通すと、バグに気づきます。

本書のコードに関するミス
  • 書籍中のコードに抜けがあり、GitHub上のコードを見ないと、ビルドエラー
  • 書籍とGitHubで、関数仕様が違う
  • GitHub上のテトリスは修正しないと、ビルドが通らない
  • GitHub上のテトリスはバグがあり、アプリが落ちるか、ブロックが正しく置けない
  • MP3プレイヤーは、GitHubにコードがない(Chapter5, 6, 7, 10のコードがない)

テトリスに関しては、下画像を見れば、スコアの配置がおかしい事に気づくと思います。さらに、最も右側にブロックが置けません。ブロックも正しく重なりません。これらの不具合は写経ミスではなく、GitHub上のコードで同じ現象が発生します。

初心者向けの書籍で、ビルドエラーが起きてしまう状態は残念です。編集や共著者とのクロスチェックを真面目にやれば、防げたミスだと思います。

                  

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です