DMM(現FANZA) API・Twitter Botによる自動広告を半年続けた結果、「得た収益」と「二度とやらないと誓った理由」

前書き:何故、DMM APIでTwitter Botを始めたか

2018年2月頃、私は職場環境が変わり、定時退社できるようになっていました。毎日17時ぐらいに家に着くと、暇です。そんな中で、Qiita経由である記事が目に入りました。

[blogcard url=”https://review-of-my-life.blogspot.com/2017/09/python-dmm-web-api-twitter.html”]

上記の記事は、DMM APITwitter Botで、R18な内容をつぶやくプログラムの紹介です。私は「簡単に作れそうだな(事実、簡単)」と感じただけでなく、「人気作品を自動でツイートし続ければ、広告で儲かるのではないか」と短絡的に考えました。人間の欲望に直結した商売が強い事は、歴史が証明しています。

本記事では、実際にDMM APIを用いたTwitter Bot(自動広告)を作成し、得た知見を共有します。プログラムの作成方法は、記載しません。

本記事の共有内容
  • DMM APIを用いた自動広告の概略
  • 収益
  • 自動広告を止めた理由(二度とやらないと誓った理由)

                                   

DMM APIを用いた自動広告の概略

自動広告プログラムのポイント
  • Raspberry Pi3上で広告(パッケージ画像、アフィリンク)を30分間隔でツイート
  • 作品名DBを作成するための補助プログラム(作品名取得プログラム)が存在
  • 自動広告後に、特定ワードをツイートしている人をフォロー(10回)
  • 作成工数=10h

                                                     

収益

収益は、自動広告を半年程度続けて、缶コーヒ一本分でした(下図)。前提ですが、DMMアフィリエイトはユーザが広告を閲覧しただけでは、収益がないです。ユーザが広告経由で作品を購入した場合、購入した作品に応じて広告料が貰えます。

今回は広告に対して、約2万程度のクリックが発生していますが、そこから購入に至った件数が2件しかありません。単純計算では、「購入1件(収益50円程度)/1万クリック」です。1万円の収益を得るまでに、200万クリックも必要です。

購入者が少ない理由を考えましたが、多くの男性は無料動画サイトで事を済まします。そもそも、DMM(現FANZA)で作品を購入する層が少ないのではないかと推測しました。

                                

自動広告を止めた理由(二度とやらないと誓った理由)

自動広告を止めた理由
  • ふと「人としてどうだろう」と我に返った事
  • 同じ路線で収益を上げるためには、Webサイト化が必要(工数がかかる)

一つ目の理由は、Twitterが何度もアカウント停止され続けて、思い直すタイミングがありました。まず、Twitterの規約に反しているし、日常生活で人に話せない活動はすべきではないと趣旨替えをしました。次に、作品名DBを更新する最中で、作品名が頭悪すぎて休日の昼間にDBを除くのが苦痛に変わりました。

二つ目の理由は、Twitterにツイート(自動広告)するだけでは収益化が困難と気づきました。そもそも、半年で100円しか収益がない状態は、Raspberry Pi3が24時間稼働しているため、電気代分が赤字です。電気代を回収しようとすると、自動広告を改善しなければいけません。しかし、Twitterは1ツイート=140文字という制約があり、Twitter上で可能な改善は無料サンプル動画もセットでツイートするぐらいしかありません。明らかに、購入対象者がサンプル動画で満足する未来が見えます。

Twitterが駄目と考えると、収益化するには質の高いレビュー等があるWebサイトを構築し、その中で広告を展開した方が未来がありそうに感じられました。しかし、このコンテンツで頑張る事は不本意であり、Webサイト更新を自動化する難易度がそこそこ高かったため、手を引く事を決めました。

                               

最後に

初めて、金銭目的でプログラムを作成し、世の中そこまで甘くない事を痛感しました。何も考えず、DMMと相性の悪いTwitterを組み合わせた事が最大の失敗と言えます。人間の欲求に訴えても、それ相応の仕組みを考えなければ、上手くいかないようです(当然ですが……試して初めて理解した)。

今回の試みは、プログラマとして勉強になりましたが、収益という点では期待値を下回りました。次があるならば収益モデルを勉強してから、収益化を目指してみます。

                                      

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2019年6月29日

    […] DMM(現FANZA) API・Twitter Botによる自動広告を半年続けた結果、「得た収益」と… […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です